読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐれっぐのことば日記・改

引越ししてみました

昔はどうだったの?

もう何年の前の話なのですが、NY州の北の方のあるRochesterというところで学会の会議があり、ついでにというかそこで生まれ育った同僚の家にお呼ばれしたことがありました。Rochester自体はKodakの本拠地として昔栄え、今は衰退してしまい街自体の規模は小さいものの、運河などの歴史のある観光都市として面白く滞在しました。

 

その同僚はRochesterの家は郊外にあるというので、敷地の広い家を想像していたのですが、その辺りはベッドタウンということで、規模は日本より大きいのに、日本の住宅街を思わせる雰囲気がありました。同僚も、自分と同じくらいの歳で、ああ、国や文化は異なりながらも、同じような雰囲気の所で育ったんだなあと妙な親近感がわきました。まあ、自分がアメリカのサイズにある程度慣れたからというのもあるので、彼が日本の住宅街を訪れたら、『小さっ!』と驚くことでしょうね。

 

そんなことがあってから、新しい人に会う機会があるごとに「あなたはどこで育ち、その当時はどのような感じだったのですか?」と聞くようになりました。

 

日本にいる友人に聞くと、共通の文化を持ちながら地方ごとに異なる雰囲気を楽しむことができ、アメリカで生まれ育った友人・同僚に聞くと、自分より年上の人からは歴史に出てくるような60年第70年台の雰囲気を知ることができたり、自分より年下の人からは、15,6年前に自分がアメリカに来た時のことを、当時、中学・高校生だった目線でどう見えていたのかというのを知ることができて、面白く思います。

 

うちの小姫も自分の子供の頃が気になるらしく、「父ちゃんの子供の頃はどんな感じだったの?」とよく聞かれます。質問の根っこは同じですね。

 

あなたが子供だった時にどういう所に住んでいたのですか?